フロアコーティングはどれが優れているのか

by author



フロアコーティングは単純な価格と性能の比較のみでどれが優れているとは断言できず、使用する場所及び床の材質など環境に適応した種類を選択することがポイントです。
コスト面のみを考慮するのであれば、最も安価なアクリル系のワックスで済ませてしまう選択が有効ですが、ワックスの主目的は表面のツヤ出しであるため、傷と薬品から床を保護する目的としては不十分となるでしょう。

施工期間に3日程度の猶予がある場合はウレタンやシリコンに加え、ガラスコーティングなどが選択肢とされますが、すぐに使用しなければならない場所においては乾きの早いUVフロアコーティングを選ぶことも視野に入れる必要性が出てきます。



UVフロアコーティングは強度が高く見た目の美しい種類に該当しており、非常に長持ちする理由からペットや小さな子供がいる家庭に最適のコーティングといえます。ただし、光沢感が部屋に合わないパターンも想定されるほか、外部から日光の入る部屋に関しては強く反射を起こす可能性がある点に注意して導入する必要があります。光沢が気になる場合においてはツヤの控えめなガラスコーティングを選んでおくと効果的で、UVフロアコーティングと同様に薬品や水分及び硬度の面で優れるため、代用するのに十分な性能となります。



ガラスコーティングは若干滑りやすく上塗りできない点で劣りますが、10年以上の耐用年数を期待できる種類なので長持ちさせたい状況に適します。