シックハウス症候群対策にもエコカラットが効果的

by author



新築の住宅の中に入ると、目がちかちかして痛んだり、喉の痛みを感じる、頭痛を感じるなどの症状を訴える人が少なくありません。


その上喘息の発作やアトピー性皮膚炎などが悪化するという症状が現れる人もおり、これらはシックハウス症候群とよばれ、室内の空気が化学物質によって汚染されていることが主な原因とされ、健康にも悪い影響を与える心配があります。

家具や建材などから揮発する有害物質のホルムアルデヒドやトルエンなどはこのシックハウス症候群の原因になる物質であり、体に様々な症状を引き起こす原因になる可能性の高いものです。



エコカラットはごく小さな無数の孔によって、湿気を吸着したり放出したりすることで、室内の空気中の湿度を一定に保つ働きがある内装材です。

湿度の高い状況下ではこれらの微細な孔が湿気を吸収することで湿度を下げ、湿度が低くなると逆に湿気を放出することで室内の乾燥状態を緩和する働きがあります。



室内の空気を人間が心地よく感じられる湿度に自然に調整することで室内の環境を快適に保つことが最大の魅力ですが、そのほかにも空気中の有害物質を吸着して空気中の揮発性有機化合物の量を減らし、健康的な室内環境に整える効果が期待できます。



エコカラットはそれ自体に体に悪影響を与える可能性のある揮発性有機化合物などを含まないのはもちろんですが、エコカラットを室内に採用することで、抵抗力の弱い小さな子供やお年寄りなどにとっても安心できる快適な状態に空気を浄化する機能があります。